ベビーシッターをするならリフォームしよう

ベビーシッターを自宅でやりたいという場合には、安全対策を施しておく必要があります。

エキサイトニュース

空いている部屋を一室リフォームする場合には、子どもを安心して保育ができる環境に整えておきましょう。


まず、床が滑りにくいように床材を考えます。

床材にフローリングや絨毯を使っている場合は、できればコルク素材の床にリフォームしたほうがいいです。

ベビーシッターに注目が集まっています。

フローリングは滑りやすいですし、絨毯はダニがつきやすいので喘息やアレルギーの原因になりやすいからです。

コルクだと柔らかくて滑りにくいので、ベビーシッター中も安心して見守ることができます。

他には、壁紙を変えておくと明るい部屋になります。


殺風景な部屋だと子どもが保育を拒否する可能性がありますが、温かみがあって優しい印象の壁紙に取り替えると、安心してくれる場合が多いです。
壁紙のリフォームだけでもかなり部屋の印象を明るくすることができるので、あまり費用をかけられないという場合でも壁紙はリフォームしておくのがおすすめです。



理想的なのは介護にも使えるバリアフリーやユニバーサルデザインです。
これを事前にやっておけば、将来介護などに使いたくなったときにも部屋をそのまま利用できる可能性があります。
リフォームの予算が少ないベビーシッターでも、転倒対策や落下対策などの安全面は必ず確認しておくようにしましょう。もし部屋にバルコニーなどがある場合には、手すりの高さが十分か、足がかりになってしまうような場所はないかなどもチェックして、危険を取り除いておきましょう。